とらバームのウェブログ

なつかしい話をします。

MSX登場

 

ファミコンど真ん中世代のアラフォーおじさんの懐かしい話

 

わが家はじめてのゲーム機 MSX

ライトペンが付いててテレビに絵が描けるやつだった。

カセットもいくつかあった、ヘビがどんどん伸びてくゲームに

テープ媒体で、何が面白いのかよくわからなかったマラソンゲーム

そして、ぶた丸パンツ(開発:HAL研

画面固定のゲームで、フライパンを持ったぶた丸に

雲の上にいるパンツ(鬼)が投げつけ、ぶた丸は卵をキャッチして鬼に投げて倒す。

左右に固定された土管に卵を10個(多分)入れるとステージクリア。

で、これだけだと単調なんだけど、土管の中から黒いパックマンみたいのが出てきて

割れて地面に落ちた卵を食べにくる。当然食べるとパックマンは大きくなり

最後にはぶた丸のジャンプでもかわせないほどの大きさに。

 

という、古いゲームっぽいゲームデザインありきの内容。

 

でも5歳児の目にはこのぶた丸のドット絵がとても愛らしく映り

動きと音とで興奮しながらやっていた記憶。

 

というところからゲーム好きが始まってたんだと今でも思う。